「佐渡島の金山」世界文化遺産登録の推薦書に不備 再提出へ

「佐渡島の金山」世界文化遺産登録の推薦書に不備 再提出へ

新潟県の「佐渡島の金山」の世界文化遺産への登録を目指して政府は、すでに提出している推薦書の不備をユネスコから指摘されたことから提出し直すことになりました。
末松文部科学大臣は、来年の登録実現は難しいという認識を示しました。

新潟県の「佐渡島の金山」をめぐって、政府は、ことし2月に世界文化遺産への登録を目指して、ユネスコに推薦書を提出しています。
末松文部科学大臣は28日午前、岸田総理大臣にその後の進捗状況などを報告しました。
このなかで、末松大臣は「ユネスコの事務局から推薦書の一部に十分でない点があるという判断が示され、再考を求めてきたが、事務局の判断は変わらないことが最終的に確認された」と説明しました。
そのうえで、「できる限り審査が早期かつ確実に進み、登録を実現するためには、苦渋の選択だが、推薦書を改めて提出するほかない」と述べ、推薦書を提出し直す意向を伝えました。
これに対し、岸田総理大臣は「まことに遺憾ながらやむを得ない」と述べ、登録の実現に向けて新潟県などと連携して全力で取り組むよう指示しました。
このあと、末松大臣は「9月末までに暫定版の推薦書を提出し、来年2月1日までに正式なものを提出したい。地元自治体と協力して、最大限努力したい」と述べました。
そして、来年の登録実現については、「難しい状況だ」と述べました。

世界文化遺産への登録を目指す新潟県の「佐渡島の金山」をめぐり、政府がユネスコへの推薦書を提出し直すことになったことを受けて、新潟県の花角知事は28日午後、コメントを発表しました。
このなかで花角知事は「世界文化遺産登録の早期の実現を目指し、佐渡市とともに取り組みを進めていただけに、大変残念に思っています。推薦書の再提出に向け、国や佐渡市と連携して取り組みを進めていく」としています。

新潟県の「佐渡島の金山」の世界文化遺産への登録を目指して政府が提出している推薦書の不備を、ユネスコから指摘されたことを受けて、佐渡市の渡辺竜五市長が28日午後会見しました。
渡辺市長は「率直にいって残念です。ただ、佐渡を世界遺産にするために今回、取り下げを含めて精査するという話だ。まだチャンスはあると思っているので、準備を進めるのが市町村の役割だ」と述べました。
そのうえで渡辺市長は不備と指摘された申請書の内容について「かなり細かい話もあるので、しっかり担当どうしで議論すべきだと思う。大きなことが抜けているということではない。少し細かい話だと聞いているが精査して発表できればと思う」と述べました。
一方、市民団体「佐渡を世界遺産にする会」の中野洸会長は「残念としか言いようがありません。『佐渡を世界遺産にする会』もことしこそはという思いで活動してきたので、会員一同、相当落胆していると思います。島の住民全体が世界遺産にかけていると言っても過言ではないが、それがこういう結果になり大きく落胆しているのではないかと思っています」と話しています。