カピバラのスイカ早食い競争 栃木 那須町など

栃木県那須町などの国内各地の動物園で、カピバラによるスイカの早食い競争が行われました。

この催しは「カピリンピック」と名付けられ、那須町の那須どうぶつ王国など国内5か所の動物園で飼育されているカピバラが1頭ずつ参加しました。
それぞれの動物園でカピバラがスイカを食べ終えるまでのタイムを共有してその早さを競い合い、那須の動物園からは5歳のメスの「コハル」が参加しました。
およそ500グラムのスイカが目の前に置かれると、食べるのを待ちかねていたコハルがさっそくかぶりついてタイムの計測が始まりました。
しかし、コハルはあと少しというところで、こぼれたスイカの汁を吸うのに夢中になり、食べ終わるのに8分48秒かかって、最下位の5位でした。
また、競争のあとには、えさやり体験も行われ、子どもたちが棒にさしたスイカを園内のカピバラに与えて楽しんでいました。
東京から訪れた小学2年生の女の子は「早食い競争でしたがカピバラがゆっくり食べている姿がかわいかったです」と話していました。