東京 秋葉原 無差別殺傷事件 加藤智大死刑囚に刑執行

14年前、東京・秋葉原で7人が殺害された無差別殺傷事件で、死刑が確定していた加藤智大死刑囚に26日午前、刑が執行されました。
死刑の執行は去年12月以来で、岸田内閣では2回目です。

加藤智大死刑囚(39)は、平成20年6月、東京・秋葉原の繁華街にトラックで突っ込み、通行人をはねたりナイフで刺したりして7人を殺害し、10人に重軽傷を負わせたとして殺人などの罪に問われました。
1審と2審は死刑を言い渡しましたが、加藤死刑囚側は、死刑は重すぎるなどと主張して上告しました。
平成27年2月、最高裁判所は、「犯行の動機に酌量の余地は見いだせない」と指摘し、上告を退ける判決を言い渡し、刑が確定していました。
そして、26日午前、収容されていた東京拘置所で、加藤死刑囚に刑が執行されました。
死刑が執行されたのは去年12月以来で、岸田内閣では2回目です。

死刑が執行されたことについて、現場で被害者を助けようとした際、加藤死刑囚にナイフで刺され一時、意識不明の重体になった元タクシー運転手の湯浅洋さんはNHKの取材に対して、「結局なぜ事件を起こしたのか本人もわからなかったのかもしれないが、本当に知りたいところは、語られなかった。急に死刑が執行され、なぜ今なのかと思う。事件を起こしたことも残念だが事件について語られなかったことも残念だ」と話していました。

死刑の執行を受けて、事件直後から街の防犯活動などに取り組んできた「秋葉原地域連携協議会」の元会長、大塚實さんは「とうとうこの日が来た、という気持ちです。被害にあわれた方やご遺族の気持ちを思うと、死刑の判決から執行までの間が長すぎるのではないかとも感じています」と話していました。
そのうえで「事件のあとは、街全体のイメージを回復するため、地域の見回りやPRなどさまざまな活動をしてきた結果、事件の影響は今はほとんど見られないが、事件そのものが風化しつつある。こうした悲しみを二度とくり返さないためにも、街の活動を通じて啓発に努めていきたい」と話していました。

死刑が執行された加藤智大死刑囚(39)は2008年、東京・秋葉原の繁華街にトラックで突っ込み、通行人をはねたり、ナイフで刺したりして7人を殺害、10人に重軽傷を負わせたとして殺人などの罪に問われ、2015年に死刑が確定しました。
加藤死刑囚は青森県の出身で、地元の進学校を卒業したあと岐阜県の短大に進学し、事件を起こした当時は工場で派遣社員として働いていました。
事件から1年半余りがたった2010年1月の初公判では起訴内容を認め、「亡くなられた方、けがをされた方、ご遺族には大変申し訳ないことをしました。せめてものつぐないとして私にできることはどうして今回の事件が起きたのかを明らかにすることです」と述べました。
被告人質問では事件を起こした理由としてインターネットの掲示板で嫌がらせを受けたことなどを挙げ、「現場に着いた後、意思とは別に体が拒否して交差点に進入できず、このまま戻ろうとも考えたが、自分の居場所がどこにもないと気づいて結局やるしかないと思った」と述べました。
また、通行人を襲った状況については「たまたま目に入った人を走りぎわに刺した」と説明しました。
2011年3月、1審の東京地方裁判所は「まったく落ち度のない7人の尊い命を奪った人間性の感じられない残虐な犯行で、極刑を選択せざるを得ない」と指摘し、求刑どおり死刑を言い渡しました。
2審では法廷に1度も姿を見せず、遺族からは「反省やおわびの気持ちがあるとは思えない」という批判の声が上がりました。
この頃には、遺族や被害者に送っていた謝罪の手紙は途絶え、被害者から拘置所で面会を求められても応じませんでした。
2審の東京高等裁判所でも死刑が言い渡され、弁護士は「死刑は重すぎる」として上告しましたが、2015年2月、最高裁判所が上告を退け、死刑が確定しました。
加藤死刑囚は1審判決のあとから判決確定までの間に本を4冊出版し、事件の再発防止のためには何が必要か、自分なりの主張をつづっています。
上告中に出版された2冊目の巻末には、「社会に対しての説明責任を果たせたなら、後は、ご遺族や被害者の方のことだけを考え、殺される日を待つだけです」と記していました。

事件は、14年前の2008年6月8日の白昼に起きました。
休日でにぎわう秋葉原の歩行者天国で、通行人が突っ込んできたトラックに次々にはねられました。
トラックを運転していたのは派遣社員だった加藤智大死刑囚。
車から降りると、準備していたナイフで近くにいた人たちの腹や背中などを次々に刺し、19歳から74歳までの男女7人の命を奪い、10人に重軽傷を負わせました。
買い物などで通りかかった人たちを無差別に襲った事件は、社会に大きな衝撃を与えました。
また、加藤死刑囚が携帯電話を使ってインターネットの掲示板に生活や職場に対する不満や犯行予告を書き込んでいたことも注目を集めました。
事件を起こす前の月には勤務先の工場の派遣契約が終了すると言われ、「300人規模のリストラだそうです。やっぱり私は要らない人です」などと投稿。
犯行直前には「秋葉原で人を殺します」「車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフを使います」と犯行を予告する内容を書き込んでいました。
加藤死刑囚は動機について裁判で、「掲示板で『なりすまし』や『荒らし』などの嫌がらせを受け、重大事件を起こすことでやめさせようとした」と述べ、掲示板については、「建前ではなく本音で語り合える場で、生活のなかで心のよりどころだった」と説明しました。
1審判決は事件の動機として掲示板について挙げたうえで、「家族、友人、仕事などを失いどこにも居場所がないという非常に強い孤独感を感じていたことも背景にある」と指摘しました。
さらに、白昼の歩行者天国で起きた事件は、警備が比較的緩やかで不特定多数の人が集まる場所の安全確保やテロ対策について、議論が進む契機となりました。

事件のあと、面識のない人を無差別に殺傷する事件が各地で相次ぎました。
事件の翌月には、東京・八王子市の駅ビルにある書店で、アルバイトの女子大学生が面識のない男に包丁で刺されて死亡し、客の女性も切られて大けがをしました。
男は捜査当局の調べに対し、「誰でもよかった。秋葉原の事件などのニュースを見て刃物なら簡単に人を殺せると思った」などと供述していました。
よくとしの7月には、大阪で営業中のパチンコ店にガソリンがまかれて放火され、客など5人が死亡、10人が重軽傷を負いました。
当時、店内には100人を超える人がいて、確定した判決では「日曜日のパチンコ店を狙った計画的な無差別殺人」と認定されています。
さらに2010年には、広島の自動車メーカーマツダの工場で元期間従業員の男が車を暴走させ、1人を殺害、11人に重軽傷を負わせる事件が起きました。
殺人などの罪に問われた被告は裁判で、「秋葉原の事件の報道を見て、車で暴走というイメージがあった」と述べていました。
最近でも去年8月に東京の小田急線の車内で、乗客が切りつけられた事件や、その2か月後には京王線で乗客が切りつけられ、車内が放火された事件、さらにこのとしの12月大阪の心療内科のクリニックが放火され26人が死亡した事件など、多くの人が無差別に巻き込まれる事件が相次いでいます。

事件は歩行者天国のあり方や商店街での防犯カメラの設置など地域の安全対策を考え直すきっかけにもなりました。
現場となった東京・秋葉原の歩行者天国は事件のあと中止され、アニメやメイドカフェといった若者文化の発信地だった街の姿は、大きく変わりました。
千代田区や地元の住民たち、それに電気店の関係者などは安全な街づくりについて検討会を設置して協議を重ねてきました。
そして、住民によるパトロールや防犯カメラの設置など安全面での環境を整えたうえで事件からおよそ2年7か月後に歩行者天国は再開されましたが、以前より短くなり、路上でのパフォーマンスも禁止されました。