新型コロナ感染急拡大 医療従事者の感染で医療体制に影響も

新型コロナウイルスの感染の急拡大で、東京都内の病院では医師や看護師などに感染が広がり、救急患者の受け入れの制限や手術の延期など医療体制に大きな影響が出ています。

東京・府中市の榊原記念病院は心臓や血管の治療などを専門に行っている病院で、都内全域から多くの患者を受け入れています。
医師や看護師などはワクチン接種を3回受け、家族以外と会食をしないなど対策を徹底してきましたが、今月7日以降、およそ800人の職員のうち感染者と濃厚接触者があわせて70人を超え、感染が広がっています。
病院では毎朝、会議を開き、各部署で感染者の状況を共有しながら、当直や外来などのカバー体制を作っていますが、人員が足りないということです。
この病院は都内の病院で作るネットワークに参加し心疾患の救急患者を受け入れてきましたが、先週末まで10日間にわたって受け入れを止めざるを得ませんでした。
また、予定されていた手術のうち8件の延期を余儀なくされたということです。
榊原記念病院の磯部光章院長は「家族内で感染する職員が非常に多い。十分に注意していても感染するケースが目立ってきているので、これ以上の対策を立てようがない状況だ。心臓や血管の病気は急に発症して悪化していくので治療の遅れがその後の生活や生命に直結する。医療従事者の感染で受け入れられる病院が減ってくるとさらに危機的な状況に陥らないか心配だ」と話していました。