東京 八王子 スーパー3人殺害事件から27年 高校で追悼式

東京・八王子市のスーパーマーケットで高校生など3人が殺害された事件からまもなく27年となるのを前に、被害者が通っていた高校で追悼式が行われ当時の教諭や同級生たちが1日も早い事件の解決を訴えました。

1995年7月30日東京・八王子市にあったスーパーマーケット「ナンペイ」の事務所で、アルバイトの高校生2人と女性従業員のあわせて3人が拳銃で撃たれて殺害されました。
未解決のまま、事件からまもなく27年となるのを前に、被害者の1人で当時17歳だった矢吹恵さんが通っていた町田市の高校で追悼式が行われました。
参加した同級生など10人余りは、矢吹さんが好きだったひまわりの花を前に黙とうしたあと、賛美歌を歌って祈りを捧げました。
当時、学年主任だった伊藤孝久さん(71)は「矢吹さんは友人との高校生活を楽しみ、将来の夢を抱いていたが、銃弾が突然全てを奪ってしまった。ご遺族のためにも、1日も早い犯人の逮捕を願っている」と事件の解決を訴えました。
式の後、同級生の鷹野めぐみさん(44)は「彼女が生きていたらどんな大人になったろうといつも考えます。事件が解決しないと、私たち同級生にとっても区切りがつきません。必ず犯人が捕まると信じています」と話していました。