東京都 新型コロナ 2人死亡 1万9059人感染(15日)

東京都内の15日の感染確認は1万9059人で、前の週の金曜日から1万人余り増え、急激な感染拡大が続いています。
また、都は、感染が確認された2人が死亡したことを発表しました。
東京都は15日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の1万9059人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の金曜日の2.17倍で、1万282人増えました。
前の週の同じ曜日と比べてわずかに2倍を下回った14日を除いては、今月5日から2倍を超える増加となっていて、急激な感染拡大が続いています。
15日までの7日間平均は1万2791.3人で、前の週の217.7%でした。
15日確認された1万9059人を年代別に見ると20代が最も多く、全体の22.4%にあたる4273人でした。
20代の感染は、これまでで最も多くなっていて、都の担当者は「20代は活動が活発な上、3回目のワクチンの接種率が低いことが背景にあると見られる。積極的に接種してもらいたい」と話していました。
65歳以上の高齢者は1449人となり、全体の7.6%でした。
また、人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は、14日より1人増えて16人でした。
一方、都は、感染が確認された50代と70代の男性のあわせて2人が死亡したことを発表しました。