安倍晋三元首相死亡 奈良県で演説中に銃で撃たれる

8日昼前、奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が男に銃で撃たれました。
安倍元総理大臣は病院で治療を受けていましたが、午後5時すぎに死亡が確認されました。
現場で逮捕された41歳の容疑者は「安倍元総理大臣に対して不満があり、殺そうと思って狙った」という趣旨の供述をしている一方で「元総理の政治信条への恨みではない」とも供述しているということです。

8日午前11時半ごろ、奈良市の大和西大寺駅近くで演説をしていた安倍元総理大臣が背後から男に銃で撃たれました。
安倍元総理大臣は心肺停止の状態で橿原市にある奈良県立医科大学附属病院に搬送され治療を受けていましたが、病院によりますと午後5時3分に死亡が確認されました。
傷は心臓にまで達する深さで失血死とみられるということです。
警察は現場にいた奈良市に住む職業不詳の山上徹也容疑者(41)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
現場で押収された銃は手製の銃だとみられ、防衛省関係者によりますと容疑者は2002年から2005年までの3年間海上自衛隊で勤務していたということです。
警察当局によりますと、調べに対し「安倍元総理大臣に対して不満があり、殺そうと思って狙った」という趣旨の供述をしている一方で「元総理の政治信条への恨みではない」とも供述しているということです。
警察は奈良市内にある容疑者の自宅マンションに午後5時すぎから捜索に入りましたが、爆発物の可能性のあるものが複数見つかり、爆発物の処理にあたる車両で運び出すとともに確認を進めています。
山上容疑者は「拳銃や爆発物をこれまでに複数製造していた」と供述しているということです。
警察は奈良西警察署で容疑者から事情を聞いていて、今後、殺人容疑に切り替えて詳しいいきさつを調べる方針です。

奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が銃で撃たれたことについて、東京・渋谷では驚きや衝撃を持って受け止められていました。
40代の女性は「ネットの速報で事件を知って、日本でもこんなことが起きるのかとびっくりしました。絵そらごとのようで、現場の映像を見ないと信じられません」と話していました。
また、60代の会社員の男性は「元総理が撃たれたと聞いて非常に残念です。強力なリーダーシップを発揮した政治家で、よく思う人もいれば、よく思わない人もいたのかもしれませんが、悪質だと思います」と話していました。
幼い子どもをベビーカーに乗せた30代の男性は「人が密集する場所でこうした事件が起きると、東京ではさらに人も多いので不安になります。背景にもし、何か不満があったとしても、力に頼るのはよくない。こうした事件がないために選挙があり、議論をすることが大事なのだと思います」と話していました。

会社員が多く行き交う東京のJR新橋駅前では、事件を伝える新聞の号外が配られ、驚きや怒りの声が聞かれました。
40代の会社員は「びっくりしました。こんなことがあっては選挙活動ができなくなるし絶対許せない。安倍さんは歴代最長の総理として日本を支えてもらった。なんとか回復して今後も活躍してほしい」と話していました。
また、20代のアルバイトの女性は「日本でもこんなことが起きるのかと驚きです。いたたまれないというか、とても胸くそ悪いです」と話していました。
80代の男性は「とんでもない。こういうのは言語道断だし許せない。暴力でねじ伏せるなんてことはあってはならない。警察の警備がどうだったのか、気になります」と話していました。

安倍元総理大臣が銃撃されたことについて、東京・銀座では新聞の号外が配られ、受け取ったサラリーマンや買い物客からは、暴力を非難する声が聞かれました。
埼玉県に住む60代の男性は「日本の政治に対する反逆行為で、断じて許されないことだ。とにかく助かってほしいです」と話していました。
東京都内に住む60代の男性は「暴力で言論を封じることは絶対に許されない。なんとか回復してもらいたいし警備がどうだったのか、背景は何なのか、徹底的に調べてもらいたい。選挙への影響は避けられないと思うが、国民全体で冷静に受け止めて選挙を通じてこの国をどうしていくのか考えていく必要があると思う」と話していました。
東京都内に住む30代の女性は「暴力は何が理由でもだめだと思う。選挙の応援演説でこのようなことが起きると、今後は怖くて見に行きづらくなるし、日本でこのように銃を持っている人がいることもおかしいと思う」と話していました。