埼玉県議会 性の多様性を尊重した社会づくり推進条例を可決

性的マイノリティーの人たちへの差別的な扱いの禁止などを盛り込んだ、性の多様性を尊重した社会づくりを推進する条例が、7日開かれた埼玉県議会で可決・成立しました。

この条例は、LGBTQなど性的マイノリティーの人たちへの理解や性の多様性を尊重した社会づくりを推進しようと、自民党県議団が提案したもので、7日の埼玉県議会本会議で賛成多数で可決・成立しました。
条例では、すべての人があらゆる場で性の多様性が尊重され、安心して生活できる社会づくりを行わなければならないことなどを基本理念としてあげています。
そのうえで、性的指向や性の自認について、それを理由とする不当な差別的取り扱いを禁止し、表明することを強制したり禁止したりしてはならないとしていて、他人が勝手に暴露する「アウティング」を正当な理由なくしてはならないとしています。
また、県に対して、必要な啓発や制度の周知を行うことや、相談体制を整備すること、県が行う事業で性の多様性に合理的な配慮をすることなどを求めています。
条例に罰則はありませんが、県民や事業者に対しても理解を深めることや県の施策に協力することを求めています。
埼玉県の大野知事は「多様性が尊重される時代において、ただちに対応すべき人権問題だと考えている。性的マイノリティーの方々が希望を持って活躍できるよう、市町村や関係団体と連携しながら真摯に取り組みたい」と話しています。