東武野田線 車内で液体まかれる 10代女性2人を病院搬送

東武野田線 車内で液体まかれる 10代女性2人を病院搬送

24日朝、千葉県内の東武鉄道の車内で液体がまかれ、近くにいるなどした10代の女性2人が病院に運ばれました。
消防によりますと、液体は危険性がないものとみられ、警察と消防が現場の状況を調べています。

24日午前6時15分ごろ、東武野田線の柏駅発、大宮行きの上りの普通電車の車内で液体がまかれたと、消防に通報がありました。
電車は野田市駅に止まり、乗客全員を降ろして状況を確認しましたが、消防によりますと、いずれも10代の女性2人が痛みを訴えたり液体の近くにいたりしたため病院に運ばれました。
消防によりますと、液体は酢のような臭いで危険性はないとみられるということで、警察と消防が詳しい状況を調べています。
この影響で、東武野田線は七光台駅と運河駅の間の上下線で運転を見合わせましたが、午前7時35分に運転を再開しました。

液体がまかれたと通報があった列車に乗っていた男性が野田市駅で撮影した写真では、止まっている列車とともに、白い防護服のようなものを身につけた人物が女性から話を聴いている様子が写っています。
男性によりますと、女性はその後、救急車で搬送されたということです。
男性は「列車に乗っていたときは寝ていたので混乱には気づきませんでしたが、野田市駅に到着したときに、『液体がまかれた』とアナウンスがあり、乗客は全員、列車から降りるよう指示されました。そして、駆けつけた警察官が『前から2両目にいた人の話を聞きたい』と声をかけていました。私が気付いたときには2両目はすでに清掃が終わった様子で、特に臭いなどは感じませんでした」と話していました。
そして、「液体がまかれたのは6両編成の前から2両目のようですが、私は後ろから2両目に乗っていて、当時の詳しい状況はわかりません。野田市駅で列車を降りると、白い防護服のようなものを着た人たちが次々にやってきて、ホームは騒然としていました。ふだんから利用する電車でこのようなことが起きて迷惑だし、地下鉄サリン事件のようなことが起きたのかと思い、怖さを感じました」と話していました。

野田市駅を通勤で毎日利用するという20代の男性は「毎日使っているので怖いなと思いました。テロかもしれないと想像してしまいました」と話していました。
50代の男性は「朝6時半に駅に来たら封鎖されていて入れず、改札の中にいた人も出られない状態でした。最近、電車内での事件が多いので怖いと思いました」と話していました。