収穫前の桃 約5000個盗難 山梨 笛吹

収穫前の桃 約5000個盗難 山梨 笛吹

21日、山梨県笛吹市の畑で収穫前の桃、およそ5000個が持ち去られているのがみつかりました。
山梨県内では今月に入って、桃やとうもろこしの盗難が相次いでいて警察が窃盗事件として捜査しています。

21日午後3時ごろ、山梨県笛吹市八代町北の畑で、農家の男性が、収穫を目前に控えた桃が大量になくなっていることに気づき、警察に通報しました。
警察が調べたところ「みさか白鳳」という品種の桃、合わせておよそ5000個がなくなり、被害は金額にしておよそ150万円分に上るということです。
20日午後7時ごろに農作業を終えた際に異常はなかったということで、警察は、20日の夜から21日の朝にかけて何者かが桃を盗んだとみて捜査しています。
警察によりますと、山梨県内では今月に入って農作物の盗難が相次いでいて、今回の被害もあわせると桃およそ1万5000個、とうもろこしおよそ1250本、さくらんぼ100キロあまりが被害にあっています。
被害額はおよそ500万円に上り、特に今月中旬からは収穫前の桃が盗まれる被害が急増しています。

被害にあった農家の男性は「ここまで1年間、消毒など何から何まで手入れをしてもう少しでやっと収穫できると思っていたので、本当にがっかりだ。盗んだ人には2度とこうしたことはしてほしくない」と落胆した表情で話しました。