衆院小選挙区の区割り案 千葉県は1増の14に 各区の変更点

衆議院の小選挙区をめぐる、いわゆる1票の格差を是正するため、政府の審議会は、小選挙区の「10増10減」などの区割り案を岸田総理大臣に勧告しました。
千葉県では、選挙区が13から14に1つ増えることになります。

千葉県で区割りが見直されたのは以下の区域です。
【2区】
2区は千葉市花見川区と八千代市です。
これまで2区だった習志野市が除かれました。
【4区】
4区は市川市の一部と、船橋市の一部です。
船橋市は分割の区域が変更されました。
【5区】
5区は4区に属さない市川市の一部と、浦安市です。
市川市は分割の区域が変更されました。
【6区】
6区は松戸市です
松戸市はこれまで分割されていましたが6区に全域が入りました。
【7区】
7区は野田市と流山市です。
これまで7区だった松戸市の一部が除かれました。
【8区】
8区は柏市です
柏市はこれまで分割されていましたが全域が入り、これまで8区だった我孫子市が除かれました。
【10区】
10区は、これまでの区割りから横芝光町が除かれました。
【11区】
11区は、これまでの区割りに、横芝光町の全域が加わりました。
【13区】
13区は、我孫子市、鎌ケ谷市、印西市、白井市、富里市、栄町、酒々井町です。
我孫子市が新たに追加され、これまで13区だった船橋市の一部と、柏市の一部が除かれました。
【14区】
そして新しい14区は、4区に属さない船橋市の一部と習志野市です。

【変更なし】
このほか1区、3区、9区、12区は変更ありません。

【選挙区分割2市1町で解消】
衆議院の小選挙区をめぐり、これまで千葉県では、船橋市、市川市、松戸市、柏市、横芝光町で選挙区が分割されていましたが、今回の見直しで松戸市、柏市、横芝光町で解消されました。