危険運転致死などの疑いで逮捕の運転手 不起訴に 千葉 浦安

ことし3月、千葉県浦安市でトラックを運転中にバイクに幅寄せして転倒させ、22歳の男性を死亡させたなどとして逮捕された60歳の男性について、千葉地方検察庁は不起訴にしました。

ことし3月、浦安市の国道でバイクを運転していた22歳の会社員の男性がダンプカーにはねられて死亡した事故では、別のトラックを運転していた八千代市に住む60歳の男性が、この事故の直前にバイクに幅寄せして転倒させ、事故を誘発したとして危険運転致死とひき逃げの疑いで逮捕されました。
その後、この男性は処分保留で釈放され、千葉地方検察庁は任意で捜査を続けてきましたが、8日付けで不起訴にしました。
検察は処分の理由を明らかにしていません。