関東甲信が梅雨入り 激しい雨のおそれ 土砂災害など十分注意

前線や低気圧の影響で関東甲信や伊豆諸島には雨が降り続いていて気象庁は午前11時「関東甲信が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。
夕方にかけて局地的に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は低い土地の浸水や土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、前線を伴った低気圧の影響で、関東甲信や伊豆諸島には発達した雨雲がかかっています。
この先1週間程度も曇りや雨の日が多いと見込まれることから気象庁は午前11時に「関東甲信が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。
平年より1日、去年より8日早くなっています。
前線を伴った低気圧の接近が近づく影響で関東南部や伊豆諸島では6日夕方にかけて激しい雨が降るおそれがあります。
7日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで関東南部と伊豆諸島で120ミリ、関東北部で100ミリ、甲信で80ミリと予想されています。
気象庁は、低い土地の浸水や土砂災害、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。
また、冷たい北東風が流れ込むため気温も上がらず日中の最高気温は群馬県みなかみ町で14度、宇都宮市、前橋市、長野市で17度、東京の都心、横浜市、さいたま市、水戸市で18度など、各地で5日より7度から11度ほど低いと予想されています。
今週は平年に比べて気温が低い日が続く見込みで、体調管理にも注意が必要です。