小池知事 外国人観光客入国“受け入れ再開に向け対応策検討”

政府が、新型コロナの水際対策で止めていた外国人観光客の入国を来月10日から再開することを決めたことについて東京都の小池知事は、水際対策の徹底を求めるとともに本格的な受け入れ再開に向けて都としての対応策を検討していく考えを示しました。

政府は、新型コロナの水際対策で止めていた外国人観光客の入国を来月10日から98の国と地域を対象に再開することを決め、感染対策を徹底するため、まずは添乗員付きのツアー客に限定することにしています。
これについて東京都の小池知事は27日の記者会見で感染の再拡大を防ぐため、水際での検査を徹底すべきだとしたうえで、外国人観光客も都民と同様に、マスクの着用や、食事は認証を受けた店を利用するといった対応を取るよう求める考えを示しました。
そのうえで、対象となる外国人観光客が限定されていることを踏まえ「今回はトライアルと聞いているので、そこから出てくる課題を参考にしながら、都としての対応策を進めたい」と述べ、本格的な受け入れ再開に向けて都としての対応策を検討していく考えを示しました。