都立高校入試「スピーキングテスト」導入に向け都教委が方針

都立高校入試「スピーキングテスト」導入に向け都教委が方針

来年春に高校進学予定の今の中学3年生を対象にした都立高校入試に英語の「スピーキングテスト」が初めて導入されるのを前に都の教育委員会が開かれ、試験日に受験できなかった生徒の扱いについての方針などが示されました。

「スピーキングテスト」は、グローバル人材の育成を図るため生徒に英語で話す力を身につけてもらおうと都立高校の入試に導入され、来年春に高校進学予定の今の中学3年生を対象に、ことし11月27日に初めて行われます。
テストはイラストを説明したり、自分の意見を述べたりする問題などがあり、都立高校の入試では、5教科の学力検査の点と調査書の点の合計1000点にスピーキングテストの20点が加えられた総合得点で判定されます。
26日の都教育委員会では試験日に受験できなかった生徒の扱いについて、英語の学力検査の得点をもとに算出する方針などが示されました。
都教育庁国際教育推進担当の西貝裕武課長は「現場の不安や意見を拾いながら半年後に迫った試験に向けて生徒や保護者が安心して受験できる環境をしっかりと整えていきたい」と話していました。