羽生市長選 現職と新人の2人が立候補 埼玉

任期満了に伴う埼玉県羽生市の市長選挙が22日告示され、現職と新人の合わせて2人が立候補しました。

羽生市長選挙に立候補したのは、届け出順にいずれも無所属で、
5期目を目指す現職で自民党と公明党が推薦する河田晃明氏(71)
新人で元市議会議員の中島直樹氏(49)
の合わせて2人です。
羽生市は人口およそ5万4000。
選挙戦では、高齢者や子育て世帯への支援策、それに今後のまちづくりの在り方などをめぐって論戦が交わされる見通しです。
羽生市長選挙の投票日は今月29日で即日開票されます。