JR外房線 電車が倒木と衝突 一部区間で運転見合わせ

JR外房線 電車が倒木と衝突 一部区間で運転見合わせ

JR東日本によりますと、22日午前6時半すぎ、千葉県内を走るJR外房線の御宿駅と勝浦駅の間で、下りの普通電車が線路上に倒れていた木に衝突しました。
この事故でけが人はいないということです。
この事故の影響で、JR外房線は大原駅と安房鴨川駅の間の上下線で運転を見合わせています。
運転再開は午前9時40分ごろになる見込みだということです。

当時、電車の先頭車両に乗っていた男子高校生は、「急に電車が減速したと思ったらドカンと大きな音が聞こえ、窓の外に火花も見えて急停車しました。怖かったです。ほかの乗客もけがはなかったみたいですが、衝突後に電車内のエアコンから煙が出ていました」と話していました。
この乗客が事故発生直後に撮影した動画では、倒木と衝突したことを知らせるアナウンスが流れていて、電車内の天井の空調設備から煙のようなものが出ている様子が確認できます。
また、乗客は線路上を歩いて最寄りの御宿駅に移動したあと、それぞれ用意された代替バスを利用したということです。