千葉県沖で香川県の貨物船座礁 乗組員3人けが

14日午前、千葉県の野島崎の沖合を航行していた貨物船が傾いて、その後、座礁しました。
乗組員5人全員が救助されましたが、このうちの3人が打撲などのけがをしたということです。

14日午前3時半ごろ、千葉県の野島崎沖を航行していた貨物船「めいせん2」の船長から、「コンテナが荷崩れし、船体が15度くらい傾斜して転覆しそうだ」と第三管区海上保安本部に118番通報がありました。
横須賀海上保安部によりますと、貨物船には20代から70代の乗組員の男性5人が乗っていて、全員救出され命に別状はありませんが、このうち3人が腰を打撲するなどのけがをして病院で手当てを受けているということです。
貨物船は香川県の船籍で長さ72.49メートル、499トンで、茨城県の常陸那珂港を出発して大分県の港に向かっていたということです。
海上保安部によりますと、貨物船はコンテナが荷崩れした後に傾斜し、その後、正午すぎに千葉県南房総市の根本港からおよそ300メートルの地点に座礁したということです。
現時点で船体に損傷はなく、油などは漏れ出してないということです。
貨物船が傾いたのは野島埼灯台からおよそ13.5キロメートル付近の海上で、銚子地方気象台によりますと当時、現場付近では強風・波浪注意報と大雨・雷・洪水注意報が出ていたということです。