東京で宿泊療養の60代男性死亡 宿泊療養中の死亡は都内で初

新型コロナウイルスに感染し、東京都の宿泊療養施設に入っていた60代の男性が死亡しました。
都内で宿泊療養中の人が亡くなるのは初めてです。

死亡したのは、都が用意した宿泊療養施設に入っていた60代の男性です。
都によりますと、男性は13日夕方、施設に入り、14日朝、部屋から電話でけん怠感や足のふらつきを訴えたということです。
このため午前10時すぎにオンラインで医師の診察を受け、発熱はなく血液中の酸素濃度にも異常は見られなかったものの、足のふらつきがあったため入院することが決まりました。
午後0時すぎに、入院先を伝えるため看護師が部屋に電話をかけましたがつながらず、午後0時半ごろ、病院に搬送するために部屋を訪ねたところ、意識がない状態で見つかったということです。
男性は運ばれた病院で死亡が確認されました。
オンラインの診察を受けてから看護師が訪ねるまでのおよそ2時間、男性の様子は確認できていなかったということです。
都によりますと、都内の宿泊療養施設ではこれまでにおよそ6万6000人を受け入れていますが、宿泊療養中の人が死亡したのは今回が初めてです。
都の担当者は「男性に哀悼の意を示し、家族にお悔やみを申し上げたい。宿泊療養中の方には健康観察などを尽くしてきたが、結果として亡くなる方が出たのは大変残念だ」と話しています。