“ファイザーのワクチンから異物”相模原市の接種会場3か所で

相模原市は、新型コロナウイルスのワクチンの接種会場で、ファイザー製のワクチンから異物が見つかったと発表しました。
接種は行われず、ワクチンは回収されたということで、市はファイザーに対し、異物の分析を依頼しました。

相模原市によりますと、今月11日と12日、南区の集団接種会場2か所で、また、14日、中央区の診療所1か所でファイザー製のワクチンから白い浮遊物の異物が見つかりました。
異物が見つかったのは、それぞれの会場ごとに1本のワクチン、あわせて18回分でいずれも希釈する際に白い浮遊物が確認されたため、接種は行われず、市が回収したということです。
一方、異物が見つかったワクチンと同じロット番号のほかのワクチンについては、異物が入っていないことを確認したうえで、そのまま使用したということです。
市は、市内すべての集団接種会場と個別接種を行う医療機関に今回のことを周知して注意喚起を行うとともに、ファイザーに対し、異物の分析を依頼したということです。
相模原市新型コロナウイルスワクチン接種推進課は「引き続き安全で確実な接種を進めたい」としています。