都医師会長「区市町村の枠超えてワクチン接種推進を」

東京都医師会の尾崎治夫会長は14日の記者会見で、「新型コロナウイルスの感染の『第6波』に向けて気を緩めないで準備するべきだ」としたうえで、「ワクチン接種を区市町村の枠を超えて進められる体制や、感染判明後、抗体カクテル療法をなるべくすぐに受けられる仕組みが必要だ」と述べました。

東京都医師会は14日、記者会見を開き、尾崎治夫会長が、都内の新型コロナの感染者数が減少傾向にあることについて、「11月以降に増えてくる可能性がないとは言えない状況だ。一番悪い事態を想定して備えていくことが重要で、『第6波』に向けて気を緩めないで準備していくべきだ」と指摘しました。
具体的には、「ワクチンは予約が埋まらないところがある一方で、まだ予約が取りづらいところもあるため、多くの方がスムーズに接種できるように、区市町村の枠を超えてワクチン接種を進められるよう行政の判断が必要だ。また、抗体カクテル療法について、病院外来や酸素ステーションなどの臨時医療施設での枠を増やし、重症化しやすい人の感染が判明した後、なるべく早く受けられるような仕組みが必要だ」と述べました。