アニメコラボ 銭湯から“のれん”盗まれる 東京 墨田区

東京・墨田区の銭湯で、人気アニメとのコラボレーション企画で生まれた特注品ののれんが13日朝、何者かに盗まれているのが見つかりました。
店主がSNSで「返して下さい」と訴えると、アニメファンなどに2万回以上リツイートされるなど反響が広がっています。

盗まれているのが見つかったのは、シリーズの累計で100万部以上を売り上げたマンガが原作の人気アニメ「かげきしょうじょ!!」の特注品ののれんです。
こののれんは、主人公ゆかりの地、墨田区にある昭和24年創業の銭湯「大黒湯」とアニメのコラボレーション企画として制作されたもので、今月4日から銭湯の入り口にかけられていました。
利用客が減り続ける銭湯の文化を若い世代にも知ってほしいという店主の思いが込められていましたが、13日午前5時ごろ、従業員がなくなっているのに気づいたということです。
のれんをかけてからは、アニメファンを中心に若い客が増え、のれんの前で写真を撮る姿も見られたということで、3代目の店主の新保卓也さんは「世の中に1点しかない貴重なのれんです。これを楽しみに訪れる客も多かったので残念です」と話しています。
また、新保さんがSNSでのれんの写真とともに「返して下さい」とツイートすると、アニメファンなどに2万回以上リツイートされるなど反響が広がっています。
銭湯では13日、被害届を出したということで、警視庁が窃盗の疑いで捜査しています。