死亡ひき逃げ容疑で会社役員を逮捕

死亡ひき逃げ容疑で会社役員を逮捕

10日、千葉県松戸市の交差点で歩いて渡っていた男性を車ではねて死亡させたうえそのまま走り去ったとして、49歳の会社役員が逮捕されました。

逮捕されたのは、松戸市西馬橋の会社役員、中田亮容疑者(49)です。
警察によりますと、10日午前2時前、松戸市西馬橋の市道の交差点で、歩いてわたっていた近くに住む石坂薫さん(71)を車ではねて死亡させたうえそのまま走り去ったとして、過失運転致死とひき逃げの疑いが持たれています。
事故のあと、消防に「道路に人が倒れている」と自分で通報していて、警察が詳しい話を聞きに行くと、車に事故を起こしたような痕跡が見つかったということです。
調べに対して容疑を認め、「しっかりとした救護をしないまま、現場から離れたことに間違いありません」などと供述しているということで、警察が詳しい状況を調べています。