千葉県知事が五輪オランダ水泳チームの事前合宿を視察 習志野

千葉県の熊谷知事は、習志野市で行われている東京オリンピックのオランダ水泳チームの事前合宿を視察しました。

オランダ水泳チームの事前合宿は今月11日から習志野市の県国際総合水泳場で行われています。
17日、水泳場を訪れた熊谷知事は「県民との直接の交流がなくなったことは残念ですが、全力でサポートし、オリンピックで素晴らしい成績を収められることを願っています」と選手を激励しました。
これに対して、オランダ水泳連盟のアンドレ・カッツ テクニカル・ディレクターは「困難な状況の中で練習ができることに心から感謝しています。素晴らしいオリンピックになると期待するとともに、みなさんと一緒になって楽しみたい」と話していました。
また、熊谷知事は感染対策についても視察し、会場には複数のプールがあるものの、選手たちが練習を行うメインプールは貸し切りで一般利用者との接触がないことなどを確認していました。
熊谷知事は「しっかりとゾーン分けが行われるなど感染症対策は万全だと感じている。関係機関と連携し、不測の事態が起きたとしても影響を最小限にできるよう努力を徹底していく」と話していました。