SuicaやPASMOで障害者割引 関東の鉄道など導入へ

ICカードの「Suica」や「PASMO」で、障害のある人が、運賃の割引を受けられるサービスが、関東地方などの鉄道やバスで来年度後半から始まることになりました。

障害のある人が鉄道やバスを利用する際にSuicaやPASMOを使う場合は、駅員のいる改札で障害者手帳を駅員に見せて運賃の割引を受けています。
より利用しやすくするため、関東地方など69の鉄道やバス事業者でつくる協議会は、来年度後半から障害者手帳を見せなくてもSuicaやPASMOで割引を受けられるサービスを発表しました。
10日は、JR東日本と小田急電鉄の社長が赤羽国土交通大臣にサービスの内容を説明しました。
赤羽大臣は「健常者が受けられるサービスは障害者も同じように受けられるよう、当たり前の公共政策ということでやっていただきたい」と話していました。
国土交通省によりますと、ICカードで障害者割引が受けられる公共交通機関は、全国各地にありますが、関東地方では初めてだということです。

東京都盲人福祉協会の市原寛一常任理事は「障害者割引を使う際、都内でも多くなっている無人の改札で駅員を呼んだり、駅員のいる改札まで行かなければならなかったりすることがなくなるので、開始を期待しています。また、障害者手帳は障害のきっかけになった病名なども書かれているため、しかたがないことは分かっていても、毎回駅員に見せることに精神的な負担を感じる人もいるので、その必要がなくなることはありがたいです」と話していました。