台東区で男性刺され死亡 殺人未遂疑い容疑者の女逮捕

6日未明、東京・台東区のマンションで30代とみられる男性を刃物で刺して殺害しようとしたとして、45歳の女の容疑者が殺人未遂の疑いで逮捕されました。
男性はその後死亡し、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

警視庁によりますと、6日午前3時前、台東区北上野のマンションで「昔の職場の知り合いに殴られ、刺された」と110番通報がありました。
電話口からは男女の言い争うような声が聞こえたということで、警察官が駆けつけたところ、マンションの部屋で30代とみられる男性がベッドの上で血を流して倒れているのが見つかり、意識不明の状態で病院に搬送されました。
首や胸などを刺されていて、部屋の台所からは凶器とみられるナイフが見つかったということです。
また、警察官が駆けつけた際、マンションの出入り口付近であごにけがをした人物と鉢合わせになり、事情を聴いたところ男性を刺したことを認めたということで、殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
逮捕されたのは、現場の部屋に住む職業不詳、水谷陽子容疑者(45)で、調べに対し殺意については否認した上で「自分も死のうと思い、みずからのあごを刺した」などと供述しているということです。
被害者の男性はその後死亡し、警視庁は男性の身元の確認を進めるとともに、詳しいいきさつを調べています。