埼玉 新型コロナ158人感染 2人死亡 変異株確認21人

埼玉 新型コロナ158人感染 2人死亡 変異株確認21人

埼玉県内では7日、新たに158人が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表されました。
内訳は、埼玉県の発表が95人、さいたま市が32人、川口市が12人、越谷市が10人、川越市が9人となっています。
また、県は今月3日に発表した感染者1人が重複していたとして累計の感染者数から1人減らすと発表しました。
これで県内で感染が発表されたのは、あわせて3万3763人となりました。
また、さいたま市と川越市は、新型コロナウイルスに感染した、あわせて2人が死亡したと発表しました。
これで県内で感染が確認され死亡したのは711人になりました。

また、埼玉県は、いずれも県内に住む、10歳未満から70代までの男女21人が変異した新型コロナウイルスに感染していたことを新たに確認したと発表しました。
このうち、40代から70代の男女3人は、変異ウイルスに感染が確認された男性の親族だということです。
また、30代の女性と10歳未満の女の子は、変異ウイルスに感染が確認された男性の家族だということです。
50代の男性は、すでに感染が確認された男性の職場の関係者だということです。
ほかの15人は、感染者との接触など詳しい状況は、分からないとしています。
県によりますと、21人はいずれも症状がないか軽症だということです。
埼玉県内で変異ウイルスへの感染が確認されたのはこれで93人になりました。