都内178人感染 9人死亡

東京都は22日、都内で新たに178人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1日の感染の確認が200人を下回るのは、去年11月24日以来です。
また、感染が確認された9人が死亡したことを明らかにしました。

東京都は、都内で新たに10歳未満から100歳以上までの男女あわせて178人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1日の感染の確認が200人を下回るのは、188人だった去年11月24日以来です。
また、500人を下回るのは16日連続です。
年代別では、10歳未満が4人、10代が8人、20代が35人、30代が34人、40代が28人、50代が24人、60代が10人、70代が12人、80代が17人、90代が4人、100歳以上が2人です。
この日の178人のうち、およそ46%の82人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、残りのおよそ53%の95人はこれまでのところ感染経路がわかっていないということです。
また、海外への渡航歴がある人が1人いるということです。
これで都内で感染が確認されたのは、あわせて10万9912人になりました。
一方、都の基準で集計した22日時点の重症の患者は前日より6人減って76人でした。
また、都は、感染が確認された9人が死亡したことを明らかにしました。
これで都内で死亡した人はあわせて1274人になりました。

東京都は、新型コロナウイルスの7日間平均の感染確認を前の週の7割以下に抑えることを目安にして、感染拡大防止を呼びかけています。
この数値は、20日土曜日が91.6%で、呼びかけを始めた今月2日以降、最も高くなりました。
21日日曜日は89.9%、22日は86.9%で、「7割以下」の目安を5日連続で上回っています。

東京都の小池知事は都庁で記者団に対し、「7日間平均も下げ止まっているというか、高止まりの中で移行している。専門家からは『感染がリバウンドする可能性がある』などと警告が出ている」と述べ、危機感を示しました。
そのうえで、感染リスクを抑えたり人出を減らしたりするため、営業時間の短縮要請に応じていない飲食店などに対し新たに文書を通じて要請するほか、都立公園やその周辺で人の流れを一部止める取り組みを行う考えを示しました。
小池知事は「あすも祝日で、天気もいいそうだが、人の流れが全然、減っていない。中途半端な状況が続くと、結局、みんなが疲れてしまうし、経済も疲弊する」と述べ、外出自粛を徹底して、自宅で過ごすよう呼びかけました。
また、小池知事は緊急事態宣言について「解除をどうするとか、ほかの地域の話がずいぶん出回っているが、1都3県の緩みにつながってしまう。残念ながら、東京都など1都3県は、厳しい状況が続いていることに変わりはない」と述べ、今すぐの解除には否定的な考えを示しました。