栃木 営業時間短縮準備の店も

栃木県に緊急事態宣言が出される見通しとなったことを受けて、県内の飲食店では、営業時間の短縮に向けた準備を始める店も出ています。

このうち、栃木県足利市の中心部にあるおでん屋では、これまで、座席数を減らして間隔を空けるなどの感染予防対策をとり、午後11時まで営業を続けてきました。
しかし、栃木県内すべての飲食店に営業時間の短縮要請が行われる可能性があることから、この店では要請に応じて営業時間を短縮した上で、テイクアウトのメニューを充実させて売り上げを確保する対策を検討しているということです。
足利市のおでん屋「もっくもっく」の木村勲武店長は「時短営業になるのは厳しい面があるのは事実ですが、今回の自粛で徹底的にウイルスを封じ込めて、またお客さんに気兼ねなく飲みにきてほしいです」と話していました。