首都圏の終電繰り上げ20日から

緊急事態宣言に伴って首都圏の鉄道各社は、来週20日から終電の繰り上げを路線ごとに発表しました。
最大で30分程度早まるということで、各社では利用路線の時刻表をホームページなどで確認して欲しいとしています。

発表したのは、JR東日本や私鉄各社など首都圏の鉄道22社と東京都交通局と横浜市交通局で、いずれも今月20日から終電を繰り上げます。
このうちJR東日本では、山手線、京浜東北線、中央線、総武線など11の路線で、10分から30分程度繰り上げるとし、JR新宿駅では駅員がポスターをはったり、電光掲示板や構内放送で知らせたりしていました。
JR東日本の市川東太郎常務執行役員は「深夜の人の流れを抑制するための要請に基づくもので、緊急事態発令中は対応を続け、発令が延長になれば、対応も続けたいと考えています」と話していました。

また私鉄各社の発表によりますと、
▽西武鉄道では西武池袋線、西武有楽町線、西武新宿線で、下り列車を10分から20分程度繰り上げます。
▽京王電鉄では、京王線と井の頭線で上下線でおおむね10分から30分程度繰り上げます。
▽小田急電鉄では、小田急線の新宿駅を出発する午前0時半以降に出発する列車の運転を取りやめます。
▽東京メトロと都営地下鉄でも、全路線でおおむね10分から20分程度など、都心を中心に行き来する各社で繰り上げが行われます。
▽東武鉄道は、東武スカイツリーライン、東武アーバンパークライン、東武東上線で最大で18分繰り上げます。
▽京成電鉄は、京成押上線で14分の繰り上げます。
▽東急電鉄は、こどもの国線を除く全線で3分から28分繰り上げます。
▽京浜急行電鉄は、京急本線、久里浜線、逗子線で、平日のみ10分から30分繰り上げます。
▽相模鉄道は、全線で12分から18分繰り上げます。
鉄道各社の対応は、緊急事態宣言に伴って国と東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県から要請を受けたもので、詳しい内容は利用路線の時刻表をホームページなどで確認してほしいとしています。

緊急事態宣言の発出を受けて、東京都は、今月20日から都営地下鉄などの終電を最大で20分あまり繰り上げることになりました。
このうち、都営地下鉄の浅草線、三田線、新宿線、大江戸線は、最大で9分から23分、終電を繰り上げます。
また、日暮里・舎人ライナーは最大で8分から9分繰り上げるということです。
一方、都電荒川線では終電の繰り上げはありません。
都は、事前に終電の時刻を確認したうえで利用してほしいと呼びかけています。