GoToクーポン不正対策導入へ

GoToクーポン不正対策導入へ

観光需要の喚起策「Go Toトラベル」で、利用者に発行される「地域共通クーポン」の不正受給が疑われるケースが複数起きているとして、観光庁は、利用者の携帯電話を使った不正対策を今月25日から始めると発表しました。

「Go Toトラベル」で利用者に発行される「地域共通クーポン」のうち、電子クーポンは宿泊当日の午後3時以降、宿泊施設にチェックインをしなくても、スマートフォンで予約番号などを入力すれば受け取れる仕組みになっています。
観光庁によりますと、クーポンが利用できるようになった先月から宿泊を無断キャンセルして電子クーポンの不正受給が疑われるケースが全国で複数起きているということです。
このため観光庁は、携帯電話にメッセージを送ることができるショートメールサービスを使ったSMS認証と呼ばれる仕組みを使った不正対策を導入することにしました。
クーポンを受け取る手続きの中で利用者が携帯電話の番号を入力し、その携帯電話に届いた4桁の認証番号を入れないと受け取れないようにするものです。
利用者を特定しやすくなり、不正をしにくくなるとして、観光庁は25日から始めるとしています。