『男塾』作者から横領 実刑判決

人気漫画『魁!!男塾』などの作者として知られる漫画家の宮下あきらさんの高級外車を売却し代金2250万円を横領した罪に問われた知人の男に対し、横浜地方裁判所は「被害者にとっては30年来の愛車で悪質だ」などとして懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

横浜市都筑区の元自動車販売業、東本哲次被告(57)は5年前、知り合いで漫画家の宮下あきらさんのフェラーリを売却し、預かっていた代金のうちあわせて2250万円を別の口座に移すなどしたとして業務上横領の罪に問われました。
これまでの裁判で被告は起訴された内容を認め、検察は懲役4年6か月を求刑していました。
16日の判決で横浜地方裁判所の野村充裁判官は「被害者にとっては30年来の愛車の代金で、横領は悪質だ。被害も相当多額だ」と指摘しました。
そのうえで「経営する会社の資金繰りがひっ迫する中で支払いなどにあてていて強い非難は免れない」として、懲役4年の実刑判決を言い渡しました。