逮捕の男 6日の強盗にも関与か

先月、東京・町田市のパチンコ店の景品交換所で従業員を刃物で切りつけ鍵を奪ったとして、48歳の男が強盗傷害の疑いで警視庁に逮捕されました。
男は6日、川崎市のパチンコ店で現金1000万円が奪われた事件についても関与を認めているということで、関連を調べています。

逮捕されたのは、神奈川県厚木市中依知の鈴木真一容疑者(48)です。
警視庁によりますと、先月25日、東京・町田市のパチンコ店の景品交換所で76歳の女性従業員に刃物を突きつけて手にけがをさせた上、鍵の束を奪ったとして、強盗傷害の疑いがもたれています。
6日成田空港から中国に出国しようとするのを捜査員が見つけ、職務質問したところ容疑を認めたことから、逮捕しました。
捜査関係者によりますと、鈴木容疑者は6日、川崎市多摩区のパチンコ店の景品交換所で女性従業員が顔にスプレーを吹きかけられ、現金およそ1000万円が奪われた事件についても関与を認めているということです。
警視庁が関連を調べています。