新駅名 地元では賛否が分かれる

2020年春の開業に向けて建設中のJR山手線の品川駅と田町駅の間の新しい駅の名前が、「高輪ゲートウェイ駅」に決まりました。
新しい駅の名前が発表され、地元では喜びの声のほか戸惑いの声も聞かれました。

新駅に近い「高輪泉岳寺前商店会」では、地元の名前をPRしようと駅名を「高輪」にしてほしいと、チラシを配布したり、署名活動をしたりしてきました。
商店会の会長の石川進さんは「正直、なんだか微妙な駅名だと思いましたが、高輪と入れてもらえたので、がっかり半分、喜び半分です。今後は、この名前をもとに、地元を盛り上げていけるようにがんばりたいです」と話していました。
また高輪に住む20代の女性は、「あまり聞かない駅名でかっこいいなと思いました。いろんなお店や施設が入った便利な駅になってほしいです」と話していました。
高輪に職場がある女性は、「響きはいいと思いますが、『ゲートウェイ』がつく施設は多いと思うので、省略すると間違えたりしないかなと思ってしまいます」と話していました。
近所に住む小学生の男の子は「外国の名前みたいだなと思ったので、もっと日本だとわかるような駅名の方が良いと思いました」と話していました。