新幹線殺傷「社会を恨んでいた」

東海道新幹線の車内で乗客3人が刃物で殺傷された事件で、逮捕された男が「社会を恨んでいた。誰でもいいから殺そうと思った」という趣旨の供述をしていることが警察への取材でわかりました。
警察は、事件を引き起こした動機の解明をさらに進めることにしています。

今月9日の夜、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東海道新幹線の車内で乗客の男女3人が刃物で切りつけられ、このうち兵庫県尼崎市の会社員、梅田耕太郎さん(38)が死亡しました。
警察は、その場で逮捕した無職の小島一朗容疑者(22)を殺人の疑いで調べていて、愛知県岡崎市の自宅には13日午後、ダンボール箱などを持った神奈川県警の捜査員8人が入り、およそ3時間にわたって捜索しました。
警察によりますと、小島容疑者はこれまでの調べに「いずれ何か事件を起こすつもりだった」などと供述していましたが、その後の調べに対して「社会を恨んでいた。誰でもいいから殺そうと思った」という趣旨の供述をしているということです。
一方、被害者への謝罪や反省の言葉は口にしていないということです。
警察は、捜索で押収した資料を分析するほか、親族からも話を聞くなどして、事件を引き起こした動機の解明をさらに進めることにしています。

愛知県岡崎市にある小島一朗容疑者の自宅には、13日午後1時前に神奈川県警察本部の捜査員8人が捜索に入りました。
そしておよそ3時間後に、捜査員らは小島容疑者が暮らしていた部屋などからダンボール2箱分の資料を押収し、車に積み込みました。