海賊版「リーチサイト」対策明記

漫画などをインターネット上に無断で公開する「海賊版サイト」への対策が課題となる中、政府は、ことしの「知的財産推進計画」をまとめ、「サイト」に利用者を誘導する「リーチサイト」を規制するため、著作権法の改正を目指すことを明記しました。

ことしの政府の「知的財産推進計画」は、総理大臣官邸で開かれた知的財産戦略本部でまとめられました。
それによりますと、漫画やアニメなどをインターネット上で無断で公開する「海賊版サイト」への対策の一環として、「海賊版サイト」に利用者を誘導する「リーチサイト」を規制するため来年の通常国会に、著作権法の改正案の提出を目指すとしています。
また農業分野に関して、日本で開発された果物や野菜の品種が海外で無断で栽培される事態が相次いでいることを踏まえ、海外での「品種登録」を促進し日本の品種が保護されるよう取り組みを進めるとしています。
一方、12日の会合では、知的財産の活用について2030年ごろまでの中長期的な方向性をまとめた「知的財産戦略ビジョン」も決定され、ネット上に投稿された動画が勝手に利用されないよう、最新のIT技術を活用して適切に管理される仕組みを構築するとしています。