藤井聡太八冠の師匠 杉本昌隆八段が講演会

7月、将棋のタイトル戦が函館市で行われるのを前に、藤井聡太八冠の師匠の杉本昌隆八段が函館市で講演し、藤井八冠の強さや魅力について語りました。

函館市では7月、12年ぶりに将棋の八大タイトルの1つ、「王位戦」の第2局が行われ、藤井聡太八冠と挑戦者の渡辺明九段が対局する予定です。
これを前に、藤井八冠の師匠の杉本昌隆八段が函館市を訪れ、藤井八冠の強さや魅力について講演しました。
講演で、杉本八段は、藤井八冠について「常に新鮮な気持ちを持っていて同じことが起きてもじっと考えることが出来る。どんなことにも疑問を抱き、新鮮な気持ちを持ち続けられることが強さの1つだ」と語りました。
また、師弟関係について「公式戦で戦えるのはうれしい。将棋では弟子が師匠に勝つことが恩返しと言われていて3回ほど恩返ししてもらったが全然うれしくはない」とユーモアを交えながら会場を湧かせていました。
講演を聞いた函館市の80代の男性は、「藤井八冠の日頃、聞けないような普段の様子などについて聞くことができてとてもよかったです」と話していました。
また、函館市の60代の男性は「7月に函館で藤井八冠を実際に見られるのを楽しみにしています」と話していました。