新幹線札幌延伸 斉藤国交相 “開業見通し 早期に示したい”

北海道新幹線の札幌延伸について建設主体の鉄道・運輸機構が目標とする2030年度末の開業が極めて困難だとする見通しを国土交通省に報告したことについて、斉藤国土交通大臣は、有識者会議で精査を進めたうえで開業目標に関する今後の見通しをできる限り早く示したいという考えを明らかにしました。

北海道新幹線の札幌延伸について建設主体の鉄道・運輸機構は8日、トンネル工事の遅れなどから目標とする2030年度末の開業が極めて困難だとする見通しを国土交通省に報告しました。
国土交通省は有識者会議で報告の内容を検証した上で、開業時期の目標を遅らせるかどうか判断する方針です。
これについて斉藤国土交通大臣は、10日の閣議のあとの会見で「報告内容が合理的であるのか、講じることができる方策がないか、今後、有識者会議を開催しながら、精査を進めていく。このため、開業目標に関する今後の見通しについては、現時点でいつごろになるか示すことは困難な状況だが、できるだけ早期にお示しできるよう努めてまいりたい」と述べました。
そのうえで「地元自治体の関係者にも丁寧に説明を行い協力をしながら、北海道新幹線の着実な整備に努めてまいりたい」と述べました。