十勝・浦幌町 “中学校にクマ出没”想定の訓練

道内各地でクマの出没が相次ぐなか、十勝の浦幌町では中学校にクマが現れたという想定で警察や町などの合同の訓練が行われました。

浦幌町の浦幌中学校で行われた8日の訓練には生徒およそ30人と警察や町、それに地元の猟友会の関係者など25人が参加しました。
訓練は体育の授業が行われている校庭に山から下りてきたクマが現れたという想定で行われ、生徒たちは教員の指示に従って走って校舎の中に避難しました。
そして学校からの通報を受けて駆けつけた警察官が、生徒が全員避難していることや玄関や窓を施錠していることを教員から聞き取ったあと、地元の猟友会のハンターとともに、クマを駆除するまでの動きを確認していました。
道内では、今月、日高の浦河町で山菜採りをしていた男性がクマに襲われてケガをするなど、クマの出没が相次いでいて、警察が注意を呼びかけています。
池田警察署の今野綾香地域・交通課長は「道内でクマの目撃や人身被害が増えていて、いつ身近で起きてもおかしくない状況です。クマを目撃したらまず身の安全を確保してすぐに110番通報してほしい」と話していました。