SNSの犯罪対策で“専門部署”設置 道警本部で発足式

SNSのいわゆる闇バイトなどを通じて知り合ったグループが特殊詐欺や強盗に関与するケースが全国で相次いでいることから、道警本部に専門の部署が設けられることになり、8日、発足式が行われました。

道警本部で行われた発足式には、新たに設置される部署の捜査員らが出席し、まず、伊藤泰充本部長が「道警察の組織犯罪対策を部門横断的に推進し、犯罪組織の弱体化・壊滅という目的を果たし道民の期待に応えていかなければならない」と訓示しました。
続いて、刑事部組織犯罪対策局の端耕樹局長が「組織犯罪対策を強力に推進し、安心して暮らせる北海道を実現するため総力を挙げて取り組む」と決意表明を行いました。
新たに設けられた部署の前には「匿名・流動型犯罪グループ対策本部」の看板が立てかけられました。
近年、実行犯役をSNSで募集するなど、全国で匿名性の高いグループによる特殊詐欺や強盗などの犯罪が相次いでいて、道警は新たに設けた対策本部を中心に捜査を強化することにしています。