本別町議会副議長 飲酒後に車運転し物損事故か 辞職の意向

十勝の本別町議会の副議長が酒を飲んだあと車を運転し物損事故を起こしたうえに、知人に事故の申告を身代わりで行うよう依頼した疑いがあることが関係者への取材で分かりました。
副議長は辞職の意向を示しており、警察は酒気帯び運転などの疑いで捜査しています。

辞職の意向を示しているのは本別町議会の柏崎秀行副議長(52)です。
関係者によりますと、柏崎副議長は去年10月、本別町の道の駅の駐車場で酒を飲んだ状態で車を運転し、物損事故を起こしたうえ、知人に身代わりで事故の申告を警察に行うよう依頼していた疑いが持たれています。
柏崎副議長はこの道の駅にある飲食店を経営していて、事故当日はその店で本別町と周辺の自治体の議会関係者の会食に参加し、一緒に酒を飲んだということです。
柏崎副議長は今月になって議長に事故を報告するとともに、周囲には辞職の意向を示しているということです。
警察は、酒気帯び運転などの疑いで捜査しています。
柏崎副議長はNHKの取材に対し「話せることはない」とコメントしています。