園児がお年寄りに“詐欺注意”のメッセージカード 弟子屈

相次ぐ特殊詐欺の被害を防ごうと、道東の弟子屈町で保育園児たちがお年寄りに注意を呼びかけるメッセージカードを手渡しました。

29日、弟子屈町の「川湯保育園」で行われた詐欺被害防止の取り組みには、園児たち13人が協力しました。
園児たちは「電話でだまされないように」などと書いたメッセージカードを保育園を訪れた園児の祖父母や近所のお年寄りに手渡し、「詐欺に気をつけてね」と伝えると祖父母らは笑顔で受け取っていました。
メッセージを受け取った80代の女性は「気をつけようと改めて思った。詐欺の被害に遭わないよう日頃から新聞やテレビを確認しているほか、固定電話をやめた」と話していました。
弟子屈警察署の渡部真大地域・交通課長は「裁判の取り下げ費用が必要だとか投資で絶対にもうかると言われたら、それは詐欺です。発生している手口を知って気をつけてほしい」と話していました。