投資詐欺 北見市の男性が1580万円だまし取られる 

北見市の60代の男性が、アプリを使ったうその投資話を信じ、SNSを通じて知り合った人物の指示に従って、あわせて1580万円をだまし取られました。警察は特殊詐欺事件として捜査するとともに、会ったことのない人からSNSで投資話を持ちかけられたら詐欺を疑うよう注意を呼びかけています。

警察によりますと、去年12月、北見市に住む60代の男性が、投資についてやりとりしているSNSのグループに参加し、アプリを使った投資の成功体験の投稿を見て、自分も投資アプリを利用することを決めました。
そしてグループで知り合った人物の指示に従い、1月中旬から2月上旬にかけて、指定された口座に投資の運用資金の名目で、8回にわたって現金を振り込みあわせて1580万円をだまし取られたということです。
男性が利益分を引き出そうとしたところ、高額な手数料を請求されたことから不審に思い、警察に相談して被害が発覚しました。
警察は特殊詐欺事件として捜査するとともに、会ったことのない人からSNSで投資話を持ちかけられたら詐欺を疑い、警察の相談専用窓口「#9110」に連絡するよう呼びかけています。