47年前の函館空港 「ミグ25」強行着陸のパイロット死去

今から47年前の東西冷戦のさなか、旧ソビエト軍の戦闘機「ミグ25」で函館空港に強行着陸したパイロット、ビクトル・ベレンコ氏が亡命先のアメリカでことし9月に亡くなっていたことが分かりました。

これはアメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズなどが伝えたものです。
旧ソビエト軍の中尉だったビクトル・ベレンコ氏は今から47年前の1976年9月、戦闘機「ミグ25」で訓練中、日本のレーダー網をすり抜けて北海道まで飛行し函館空港に強行着陸しました。
当時「ミグ25」は旧ソビエト軍の最新鋭機で東西冷戦のさなかに日本に飛んできたことは世界に大きな衝撃を与えました。
ベレンコ氏は「自由がほしい」と亡命を希望してアメリカに移送されアメリカ側に軍の内情を語ったと伝えられています。
ベレンコ氏はことし9月、アメリカ中西部イリノイ州の高齢者施設で病気のため亡くなったということです。
76歳でした。