伊達市の小学校で体育授業後に倒れた小2女児が死亡 熱中症か

22日伊達市の小学校で、2年生の女子児童が体育の授業のあと倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡しました。
市の教育委員会は熱中症の可能性もあるとみて、当時の状況を確認し、今後の対応を検討するとしています。

22日正午ごろ、伊達市内の公立小学校の教員から「児童が倒れて意識がない」と消防に通報がありました。
市の教育委員会によりますと、倒れていたのは2年生の女子児童で、当時はグラウンドで行われた体育の授業のあと校舎に戻る途中だったということです。
女子児童は病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。
気象台によりますと、22日、伊達市は最高気温が33.5度の真夏日となり、記録が残る平成19年以降で最も暑くなったということです。
市教育委員会では熱中症の可能性もあるとみて、小学校と連絡を取り合いながら当時の状況を確認し、今後の対応を検討するとしています。