道南も最強寒波で大荒れ天気 猛吹雪警戒 事故・交通影響も

この冬一番の強い寒気などの影響で、道南では雪を伴った風が非常に強く吹いています。気象台は見通しの全くきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。

函館地方気象台によりますと、道南では25日も強い寒気などの影響で雪を伴った風が強まり、26日にかけても強い冬型の気圧配置が続くことから、渡島西部と桧山地方では26日昼前にかけて雪を伴った風が非常に強く、海は大しけとなる見込みです。
25日午後4時までに観測された最大瞬間風速は奥尻町で30.8メートル、松前町で26.8メートル、江差町で26.1メートルなどとなっています。
26日予想される最大瞬間風速は桧山地方の陸上で35メートル、渡島西部の陸上と海上、渡島北部と東部、それに桧山地方の海上で30メートルなどとなっています。
また道南で26日午後6時までの24時間に降る雪の量は、多いところで30センチと予想されています。
波も高まり、渡島西部と桧山地方で6メートルの大しけとなる見込みです。
気象台は渡島西部と桧山北部の陸上では26日明け方まで、桧山南部と奥尻島の陸上では26日昼前まで、見通しの全くきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響、暴風に警戒するよう呼びかけています。
また、道南では26日明け方にかけて大雪による交通への影響や雪崩、26日にかけて低温による水道凍結に注意が必要です。

【猛吹雪の中事故も発生】
25日午前、道南の長万部町の道央自動車道で車15台以上が相次いで衝突する事故が起きました。
現場付近は吹雪で視界が悪い状態だったということで、警察は事故の詳しい状況を調べるとともに、不要不急の運転を控えるよう呼びかけています。
警察によりますと25日午前11時半ごろ長万部町共立の道央自動車道の下り線であわせて15台以上の車が相次いで衝突しました。
一連の事故で、少なくとも1人が首を痛める軽いけがをしたということです。
事故などの影響で道央自動車道は室蘭インターチェンジから大沼公園インターチェンジの間の上下線で通行止めとなっています。
当時、現場付近は吹雪のため視界が悪くなっていたということで、警察は、事故の詳しい状況を調べるとともに、気象の状況を確認した上で不要不急の運転を控えるほか、運転中に見通しがきかなくなるホワイトアウトの状態になったら減速や徐行するといった慎重な走行を心がけるよう呼びかけています。

【JR】
JRによりますと、25日午後5時以降、函館線の函館駅と森駅や長万部駅を結ぶ普通列車は本数を減らして運行し、6本が運休、または運休することが決まっています。
また26日も午前中は本数を減らして運行することが午後5時時点で決まっていて函館駅と森駅や長万部駅を結ぶ普通列車の8本が全区間または一部区間で運休することになっています。

【航空】
函館空港では25日、日本航空の羽田や大阪、奥尻とを結ぶ23便、全日空の羽田や大阪とを結ぶ8便、エア・ドゥの羽田や中部とを結ぶ6便のあわせて37便が欠航したか、欠航が決まっています。

【フェリー】
津軽海峡フェリーは25日、函館市と青森市を結ぶ航路で3便、函館市と青森県の大間町を結ぶ航路で全便にあたる2便がそれぞれ欠航しました。
また青函フェリーでは25日、函館市と青森市を結ぶ航路で4便が欠航になりました。
江差町と奥尻島をつなぐハートランドフェリーは全便にあたる2便が欠航になりました。

【自動車道】
北海道開発局は、吹雪の影響で函館江差自動車道の函館インターチェンジと木古内インターチェンジの間、それに函館新道の函館インターチェンジと七飯藤城インターチェンジの間を午後3時から通行止めにしました。
解除の見込みは立っていないということです。

26日以降の状況について各交通機関ではホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。