渡島西部と桧山で暴風雪に警戒 この冬一番の強い寒気

この冬一番の強い寒気が流れ込む影響で、渡島西部と桧山地方では25日明け方から雪を伴った風が非常に強く吹き、海は大しけとなる見込みです。気象台は見通しの全くきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響、暴風や高波に警戒するよう呼びかけています。

函館地方気象台によりますと、道内の上空にマイナス42度以下のこの冬一番の強い寒気が流れ込む影響で、渡島西部と桧山地方では25日明け方から26日にかけて雪を伴った風が非常に強く吹く見込みです。
25日予想される最大瞬間風速は渡島西部と奥尻島、それに桧山北部と南部の陸上と海上で35メートル、渡島北部と東部の海上で30メートル、陸上で25メートルとなっています。
また道南で25日午後6時までの24時間に降る雪の量は、多いところで30センチと予想されています。
波も高まり、25日は渡島西部と奥尻島、それに桧山北部と南部で6メートルの大しけとなる見込みです。
気象台は渡島西部と桧山地方では25日明け方から26日にかけて、見通しの全くきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響、暴風や高波に警戒するよう呼びかけるとともに、道南では大雪による交通への影響や雪崩、低温による水道の凍結に注意するよう呼びかけています。