海上自衛隊函館基地隊の男性隊員 基地内で下着盗み懲戒免職

海上自衛隊の函館基地隊に所属する男性隊員が、基地内で女性隊員が居住する区域に侵入し下着を盗んだなどとして、23日付けで懲戒免職処分となりました。

懲戒免職処分を受けたのは、函館基地隊の41歳の男性2等海曹です。
海上自衛隊によりますと、この2等海曹は去年8月から10月にかけて函館基地内の女性隊員が居住する区域へ複数回にわたって侵入し、同僚の隊員が捨てていた下着を盗んだほか、基地内にあるプールの女性更衣室で、下着の写真を撮影するなどしたということです。
被害にあった隊員が上司に報告したことから発覚し、去年11月、警務隊がこの2等海曹を逮捕しました。
調べに対して2等海曹は容疑を認め、被害者に謝罪したということです。
函館基地隊の司令を務める三浦則文1等海佐は「隊員の規律違反を重く受け止めております。今後さらに服務指導を徹底するとともに、厳正な規律を維持し再発防止に努めてまいります」とコメントしています。