来春の知事選挙めぐり 市民団体“野党各党は統一候補擁立を”

来年4月に行われる知事選挙をめぐり、野党間の選挙協力を支援している市民団体は記者会見を開き、鈴木知事の再選を目指しての立候補を念頭に野党各党に対し、対立候補となる野党統一候補を擁立するよう求めました。

野党間の選挙協力を支援している市民団体の「戦争させない市民の風・北海道」は14日、道庁内で記者会見を開きました。
この中で川原茂雄共同代表は、鈴木知事の再選を目指しての立候補を念頭に、「知事選挙を戦い、勝利するためにはこれまで培ってきた市民と野党の共闘の枠をさらに広げた大きな共同の輪を作り、力強い絆を作らなければならない」と述べ、野党各党に対し、対立候補となる野党統一候補を擁立するよう求めました。
メンバーはこのあと立憲民主党道連の梶谷大志幹事長と会談し、要請書を手渡しました。
梶谷氏は記者団に対し、「いろいろな枠組みや大きな塊をどう作っていくかは、党として擁立する候補者像がある程度はっきりしてきた段階で具体的になっていくものと考えている」と述べました。