大気の状態不安定に 日本海側北部は26日未明から暴風に警戒

道内は26日、寒冷前線が通過するなどして大気の状態が非常に不安定になる見込みです。気象台は、日本海側北部では26日未明から朝にかけて暴風に警戒し、高波にも注意するよう呼びかけています。

札幌管区気象台によりますと、道内は26日、上空を通過する寒冷前線に暖かく湿った空気が流れ込む影響で大気の状態が非常に不安定になる見込みです。
このため日本海側北部では26日未明から風が非常に強まる見込みで、予想される最大瞬間風速は陸上・海上ともに35メートルとなっています。
また、海もしける見込みで、26日の波の高さは日本海側北部で5メートルと予想されています。
気象台は、▼日本海側北部では26日未明から朝にかけて暴風に警戒するとともに、高波にも注意するよう呼びかけています。
さらに、▼日本海側と太平洋側西部では26日、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょう、急な強い雨に注意が必要です。
発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物の中に移動するなど安全の確保に努めてください。